会計ソフトを導入しても分からない理由

私がこの業界に入った頃、会計ソフトというのは税理士事務所にインストールしてもらって

顧問先様が現金と通帳の取引を入力するという、いわゆる自計化が流行りだした頃でした。

当然、ソフトは税理士事務所指定のメーカーでした。

 

今は、量販店でもネットでも購入可能で、様々なメーカーを選べます。

キャッチコピーは「簿記を知らなくても簡単に申告書が作れます」的なものが多いです。

では、本当に簿記を知らなくても出来るのか?

 

・・・作れます。

 

最近の会計ソフトは、本当に素晴らしいです。

画面に従って指定されたように入力していけば、それなりに仕上がります。

 

一方で、ソフトを購入してみたけど分からないという方もいます。

 

何が違うのか?

 

1 全体が把握できていない

2 自分がどこに向かっていて、どの時点での処理を行っているか把握できていない

 

分からない方は、ここで止まってしまうように感じます。

 

個人事業主の方を例にすると、

所得税の計算をするために何をしなくてはいけないのか?

という全体像がが分からない状態で始めてしまうと、止まってしまいます。

しかも所得税額の計算だけではなく、並行して給与等の計算も入ってくるので

混乱してしまうのです。

 

そこで、まずは会計ソフトを使用する前に

1 個人事業主が税務関係で1年間でやるべきことを表にする

2 簿記についての知識を少しは知っておく

この2つをお勧めします。

 

1については表を作ることでどこに向かっていて、どの処理をしているかが把握できます。

やはり、最終着地が分からない状態ですと、途中で迷子になってしまう可能性が高いです。

 

2については、ソフトを使用するという事は、当たり前ですがパソコンに表示されるという事。

パソコンで表示されると、間違っていても合っているように見えてしまうのです。

簿記の知識がないと、大きな間違いに気が付かない事が多く、後々修正等になってしまいます。

 

やはり1.2について理解したうえで会計ソフトを導入していくのがスムーズかと思います。