確定申告を記帳代行込みで依頼する場合のポイント

もう9月も終盤になってきました。

あっという間に年末となり確定申告のシーズンがやってきそうです。

 

個人でお仕事をされている方は、会計処理にお時間がとれないという方も多いです。

会計ソフトがメジャーになり、国税庁のHPも分かりやすくなり自分で出来るように

なってきてますが、書類を税理士に全部預けて確定申告をしているという方も多いのが現実です。

 

いわゆる丸投げという呼び方をしますが、書類を預けるだけといっても個人的には

暗黙ルールというものがあるかと思います。

 

領収証やレシートをぐちゃぐちゃのまま渡す。

 

絶対やってはいけない事の一つです。

と言いますが、やってもいいけど報酬も上がります…

 

何故いけないのか?

個人的な意見がかなり入っておりますが、理由を書いてみたいと思います。

  

巷がクリスマスやお正月で楽しそうな中、会計事務所では何が起こっているのか?

12月に税理士試験の結果発表があります

職員さんの中に受験生がいると、会計事務所内の空気が微妙になります。

そして年末調整に突入し、そのまま確定申告に入っていきます。

受験生がいない事務所でも、年末調整に入っていますので、

給料が計算できなかったらどうしようという…プレッシャーにより、クリスマスどころではなく、

休み明けの仕事量を思うと年末年始もそれほど楽しめていないなかったりします。

確定申告期に入ると家には寝に帰るだけになりますし、

申告期限までに間に合わなかったという夢をこの時期に一度は見る税理士も多いです。

 

そんな状態の時に領収証をぐちゃぐちゃのまま渡されたらどうでしょう?

領収証をきれいに整理するところから始まるわけで、

会計事務所側は相当なダメージを受けます。

仕事も増えるので当然、報酬はUPします。

こうなったら、良い関係を築くのは難しくなりそうです…

 

整理する時間がなくても、1か月ごとに封筒に入れるという方法もあります。

これだけでもだいぶ違います。

整理の仕方が分からなければ、今のうちに会計事務所に相談してみるのも良いかと思います。

 

領収証整理とはご飯を食べる前に手を洗うとか、歯医者さんに行く前に歯を磨く

といった事と同じだと私は思います。

 

まだ3か月以上ありますので、今から準備をしてはいかがでしょう?