平成30年分からの配偶者控除

昨年末に発表された配偶者控除改正

どのような内容だったのか、もう一度整理してみます。

配偶者控除関係は・配偶者控除と配偶者特別控除の2種類があり、

配偶者特別控除の方で1.2の改正

配偶者控除で2の改正がありました。

簡単に書くと

 

1 夫(妻)が控除額38万円を適用できる妻(夫)の収入が150万円以内に拡大

2 夫(妻)の合計所得が1000万円以下(給与のみの場合には収入が1220万円以下)で適用

3 所得税はH30年度・住民税はH31年度より変更される

 

今回の大きなポイントは

1 妻(夫)の収入が150万円までに拡大された

 控除額が拡大されたという事ではありませんので、間違えないようにしてください。

2 夫(妻)に所得制限が設けられた

 夫の合計所得金額が1000万円(給与のみの場合には1220万円)を超える場合には

 配偶者控除は受けられず 所得900万円(給与収入1120万円)950万円(1170万円)

 1000万円(1220万円)と3段階に分けて控除額が設定されました。

 

減税のイメージが強いように思われますが、実はそうでもないというのが現実です。

 

1 150万円まで配偶者特別控除の枠は拡大されているが、妻(夫)本人には給与収入103万円を

  超えれば所得税がかかってくる

2 様々な判定ラインは今まで通り

3 夫(妻)に所得制限が入り、高所得者にとっては明らかに増税

4 夫(妻)の勤務先によっては、給与に加算されている家族手当が無くなる

 

という事で、今まで節税等の理由により103万円で給与を抑えていた人が

150万円まで働けるかというと、ひとつの家で考えるとかえって税負担が大きくなってしまう

ケースも多くなります。

来年からの働き方について、ご注意ください。

 

判定ラインは以下の通りです

100万円 住民税

103万円 配偶者控除

106万円 大手企業社会保険料

130万円 社会保険料

150万円 新配偶者特別控除