医療費控除を受ける場合の領収証整理方法

数回にわたって、個人で事業をされている方の

書類整理等について書いてきました。

1回目

2回目

3回目

今回は、個人で事業をされている方以外でも

医療費が多くかかった年に受ける医療費控除について、

病院や薬局の領収証整理について書いてみます。

 

最初に、H29年分所得税確定申告から領収証提出の代わりに

医療費控除明細書の提出になり、

領収証はご自身で保管という方法になりました。

 

領収証を税務署に提出しないで、明細書という1枚の集計表を提出することになります。

 

H31年分までは今まで通りの領収証提出でも構わないのですが、

H32年分からは明細書での提出になります。

 

今までのような、全体合計を出して領収証を全て税務署に提出し、

医療費控除の申告をするというのは出来なくなります。

 

ご自身で整理をするのは、もう時間の問題です。

 

因みに、税理士会等の無料相談会でも整理されていない状態での

医療費控除相談は受けられなくなっています。

 

医療費関係の領収証整理方法ですが、

 

STEP1 人ごとに分ける

 医療費控除は、同居のご家族全員について受けられます。

 まずは人ごとに領収証を分けましょう

 

STEP2 相手先ごと(病院・薬局)に分ける

 STEP1で分けたものを病院や薬局等相手先別に分けます

 (日付順に並べなくても大丈夫です)

 

STEP3 2で分けたものを集計する

 2で分けたものについて、集計をします。

 

H29年分からは、STEP3まで出したものを明細書に記載するという事になります。

 

合計する時の注意点ですが

1 クレジットカードで支払った場合には引落日で判断するので

 年を超えて引き落とされている場合には注意

2 保険金等の入金があった場合にはわかるように書いておく

3 OTC医薬品(セルフメディケーション税制)と一緒にしない

4 診療明細書は不要

 

セルフメディケーション税制医療費控除はどちらか一方の選択になります。

医療費控除とセルフメディケーション税制については、

またの機会に書きたいと思います。

 

両方一緒に集計しないようにご注意ください。