親が多額の税金を滞納して死亡した場合の相続

相続とはお亡くなりになった人(被相続人)の財産を、ご家族(相続人)が引き継ぐ

という事です。

ここで見落としがちなのは、財産はプラスの財産とマイナスの財産の事を言っています。

 

例えば、父・母(すでに死亡)子の家族構成で、

父が多額の税金を滞納した状態で亡くなった場合、納税はどうなるでしょうか? 

 

相続とは、相続人が被相続人のプラスの財産とマイナスの財産を引き継ぎますので

何もしない状態ですと、住民税でも所得税でも関係なく

子供が父の滞納納税を負担するという事になります。

 

父にプラスの財産もあって滞納税金を納付できる余裕があれば、

相続しても問題はないかと思いますが、

父にプラスの財産がない場合、

子供が自分の預金等から、父親の滞納税金を納める事になります

 

相続があった為に、父の滞納税金を返済し自分の生活が苦しくなってしまった。

 

これは絶対に避けなくてはいけません

 

そこで放棄という手続きをすることによって父の滞納税金返済を逃れることができます。

 

ここで注意しなくてはいけないのは、

放棄をしたら、その相続人はいなかったものとみなされて相続権は第2順位以降に移行する

という事です。

今回の例で見ると、子供が放棄をしたら父の納税義務は

第2順位である祖父・祖母

すでにお亡くなりになっていたら

第3順位である父の兄弟に移ります。

 

この話をしっかりと親族の間でしておかないとトラブルになります。

 

放棄の手続きは

1 相続があった事を知った日の翌日から3か月以内

2 被相続人の住民票の届け出のある場所を管轄する家庭裁判所に放棄の届出をする

 

このことによって、被相続人のマイナスの財産を相続人が肩代わりする事はなくなります。

ただし、一度でも何かを相続してしまった場合には放棄はできず

あとからプラスの財産が出てきても一切相続はできません。

 

手続きができる3か月という期間はとても短いです。

親子関係であっても、被相続人と疎遠である場合等には、

プラスの財産を持っているのか、マイナスの財産を持っているのか不明な場合もあります。

疎遠になるには、それなりの理由があります。

亡くなってまで苦しむ必要はないと思います。

相続する側としても、それなりの知識を持っておく必要があります。

 

税金だけではなく、借金等の場合も同様に相続します。

放棄を検討したほうが良い方は下記になります。

1 被相続人が誰かの保証人になっている。

2 被相続人と疎遠であり、どのような生活だったか分からない時。

 (後から多額の借金が出てくる可能性がありそうな時)

3 被相続人に借金はないが、処分する(売却)のに赤字となる財産しか持っていない。

 

また、限定承認という方法もあります

この方法は、自分の相続したプラスの財産の範囲内でマイナスの財産を負担するという方法です。