財産の放棄と形見分け

相続の放棄をしたけど形見分けはした。

というケースがあります。

この場合、相続を放棄した人達は、相続とは関係がないと思われがちです。

しかし、相続放棄の手続きをしていない状態ですと、相続を放棄したと

思っていたのは自分達だけで、実は相続をしていたという事になります。

 

例えば、父・母・長男・長女という家族構成の場合で考えてみます

 お父様がお亡くなりになった場合、相続人は母・長男・長女となりますので

遺言書がない場合には、この3名で分割協議をするという事になります。

お父様の財産が、家と預金だけだったので全て長男(本人)が相続し、母・長女は放棄する

しかし、お父様が生前使用していたものを3人で形見分けするという話でまとまった場合

 

・長女は相続放棄の手続きをしたかしないかで、形見分けの取り扱いが変わってきます。

相続放棄の手続きをしているのであれば、母・長女は長男から贈与を受けたという扱いに

相続放棄の手続きをしていないのであれば、母・長女は父から相続を受けたという扱いになります。

 

相続税法では、相続開始前3年以内にされた贈与は相続税の計算に入れ込むという決まりがあり、

母・長女が父から、亡くなる前3年以内に贈与を受けていた場合、

相続放棄手続きがされていたか、いないかで税額が大きく変わる可能性もあります。

また、放棄が手続きがされていない場合には一切財産を受け取っていない証明をする必要があるので

その証明は、なかなか大変かと思います。

 

相続放棄をしたけど形見分けで高価なものを貰った場合や生前に、贈与を受けていた場合には注意が

必要です。