消費税軽減税率 VOL2

消費税軽減税率について書いています。

 

前回は、軽減税率でどのような影響が出るのかについて書きました。

 

過去記事

 

今回は、消費税軽減税率対象品目について見ていきたいと思います。

 

因みに国税庁がリーフレットを発表しました。

 

とても分かりやすいので、こちらも参考にしていただければと思います。

 

国税庁HP

 

軽減税率対象品目とは、2019年10月1日以降も8%の消費税率となる商品です。

 

ざっくりと書くと飲食料品と新聞

 

いわゆる生活に必要なものです。

 

では細かく見ていきましょう。

 

まずは新聞から

 

1 〇〇新聞・日刊□□という名前で週2回以上発行される

 

2 定期購読している

 

この要件を満たすものになります

 

ポイントは、2の定期購読です。

 

契約をして配達してもらっている新聞は対象ですが

 

コンビニや駅等で購入する場合には定期購読にならないので

 

標準税率(10%)です。

 

では、食料品についてみてみましょう。

 

1 食品表示法に規定する食品

 

2 酒類は除く

 

3 一体資産を含む

 

となっております

 

どういうことかというと…

 

こんな感じです。

 

例えば

 

1 料理用に使う酒・みりん・ワインは酒税法に規定する酒類になるので標準税率(10%)です

 

2 栄養ドリンクのうち医薬品や医薬部外品に該当しないもの食品として

 

  取り扱われるので軽減税率(8%)です。

 

3 飲食料品を包装している容器について、後で食器や装飾品として利用できるもの

 

  については容器部分は標準税率(10%)です。(お高めのふりかけにありがちです)

 

4 フルーツ狩り等入場料は標準税率(10%)で、果物の販売は軽減税率(8%)になります。

 

5 出前は軽減税率(8%)ですが、配膳までのサービスがあった場合には標準税率(10%)になります。

 

6 一体資産とは、おもちゃ付きお菓子等

 

 1個が1万円以下・食品が占める割合が2/3以上であれば軽減税率(8%)になります。

 

7 コンビニ等で購入した商品をイートインコーナーやフードコートで食べる場合には

 

  標準税率(10%)持ち帰る場合には軽減税率(8%)です。

 

  同じ商品でも、持ち帰って公園で食べると軽減税率(8%)店内で食べると標準税率(10%)となります

 

書ききれない事が沢山ありますが、かなり複雑になっています。

 

来年の10月が怖いです…

 

次は、区分記載請求書について書いてみたいと思います。