2020年からの給与所得控除改正

2020年から、給与所得控除・公的年金控除が改正されます

 

給与所得とは、所得税・住民税の計算における会社員の方の給料・賞与です。

 

どのように改正されるかというと

 

年収850万円までは10万円減少

 

年収850万円超は195万円が上限となる

 

という風に改正されます

 

年収850万円までの方については、基礎控除が引きあがるため

 

10万円減少と言えども、実質的に変化はありません

 

年収850万円超の方は増税になります

 

そもそも、給与所得控除とはどういったものかというと

 

会社員の方の必要経費です

 

個人事業主は、売上ー経費で税金を計算するのに

 

会社員については経費を計算する術がないため、一定の計算方法で

 

経費を計算しています。

 

つまり、高所得者は増税となります